11月 1日 2019年

国土交通省は、9月末時点での「ホワイト物流」推進運動への賛同企業を集計した。運輸・郵便業205社を含む559社が賛同表明である「自主行動宣言」を提出。取り組み項目として最も多かったのは「物流の改善提案と協力」だが、2番目に「パレット等の活用」が挙げられ、行動宣言企業の過半数(52・2%)が前向きな姿勢を示した。

 

 

 

EC市場などテーマに【JA―LPA】物流不動産セミナー スマートシティ解説も

 

5G活用し実証実験【日立物流とKDDI】庫内運営を整流化へ

 

販売部門を統合へ【昭和電線、古河電工】物流集約 ロジス・ワークスに

 

31日に表彰式  自動車関係功労者 国土交通大臣表彰

 

物流ルート変更進む【混沌続くブレクジット】2億超の通関発生へ

 

燃料電池フォーク 容器の新基準制定

 

【物流雑学辞典】第100回 CASE

 

 

 

 

【2019年10月29日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri