10月 30日 2019年

「会社四季報2019年秋号」(東洋経済新報社刊)によると、「陸運」「倉庫・運輸」に分類される物流企業106社の経営状態は、運賃・料金値上げで人材を確保、次のステージに向けた設備投資が行われている。その中で、次々と新商売が生まれるEC(電子商取引)関連業務を睨んでの対応を期すところが目立ってきた。

 

 

 

新たな賃金体系を【運輸労連】第49回運研集 働き方改革を討議

 

12ト協が緊急輸送【台風19号被害】プッシュ型は6県へ

 

常に変化への挑戦を【三菱ふそう】燃料電池小型トラック 世界初公開

 

「運ぶ」を支える技術【いすゞ自動車】ドライバーの新しい働き方を

 

国内市場はまだ鈍く【RFID】20年5円は達成も 高機能品がけん引へ

 

ゆうパケットプラス【日本郵便】メルカリ対応で新サービス

 

【9社による成田空港コミュニティを結成】CEIV Pharma 認証取得を目指し

 

22年から義務付けへ【大型車】側方衝突警報装置

 

【JR貨物 輸送動向】上半期はやや低調

 

 

 

 

【2019年10月18日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri