10月 16日 2019年

あらゆる業種の中で、荷待ち時間が最も長いとされる加工食品業界。国土交通省は昨年、真っ先に懇談会を開いて検討を開始したが、業界団体でも独自の動きをみせている。さらに、農林水産省はドライバー不足を補うため、食品流通全体で抜本的な物流改善に取り組む構え。

農水省など 改めてパレ化を推進

 

 

未来の物流を探る【オープンラボ】商用車と技術進化テーマに

 

運管制度を策定中 タイと物流政策対話開く

 

費用対効果の検討を【国土交通省】ITツール活用ガイドブック作成

 

7割が安全性に不安【デロイトトーマツ】自動運転アンケート 購入意向は上昇傾向

 

MセンコーLC竣工【センコーGHD】コールドチェーン タイNO.1目指す

 

新交通サービス募集【国交省】ETC2.0と民間データ統合

 

【物流雑学辞典】第99回 クーリエとEMS

 

 

 

 

【2019年10月15日(火)付】

 

 

 

 

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri