10月 7日 2019年

経済産業省は、自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会の初会合を9月30日に開き、ラストワンマイルでの自動走行ロボットの社会実装実現に向けた検討に着手した。今年度中に公道での実証走行を行い、ロードマップを策定する。

 

 

 

 

より良くなるかに焦点【齋藤日本通運社長】支店大括り化に言及

 

働き方改革の実現へ【全ト協・千葉市で事業者大会】改正事業法の施行で進化を

 

メール便5年前より11%減【国交省調べ】宅配便は10年間で34%増

 

運輸倉庫向け2.4%のみ【産車協】無人搬送システム、昨年は1029納入

 

佐賀空港でトーイングトラクターの自動走行実験【ANAと豊田自動織機】9月30日~10月11日

 

ドローン宅配の実証実験計画発表【ウイング社、フェデックス、ウォルグリーン社】

 

展示会レポート/フードディストリビューション

・キユーソー流通システム

・シーアールイー

・大和ハウス工業

・椿本チエイン

・日東

・日本GLP

・フレクト

・村田機械

・ユーピーアール

 

 

 

【2019年10月4日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri