10月 3日 2019年

厚生労働省は、長時間労働が疑われる事業場に対する2018年度の監督指導結果を公表した。運輸交通業は4566事業場に監督指導し、労働基準関係法令違反があったのは3797事業場。違反率は83.1%となり、主要6業種の中で最も高かった。

 

 

 

時短ノウハウを発信【厚生労働省】来月から 47都道府県でセミナー

 

インド内外一貫物流提供へ【日本通運】FSC社の株式22%取得

 

各地でキャンペーン【JILS】10月 ロジスティクス強調月間

 

需要量は40年で1.7倍【2050食糧需給】アジア・アフリカは輸入増

 

中国法人が北京に拠点を開設【アイオイ・システム】デジタルピッキングシステムを普及

 

岡山県早島町に物流センターを【カトーレック】4温度帯に対応

 

運送分野のIT化で業務提携契約を締結【CBcloudとソフトバンク】

 

 

 

 

【2019年9月27日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri