9月 26日 2019年

全国交通運輸労働組合総連合(交通労連)は、第57回定期大会、トラック部会第1回中央委員会を18、19日の両日、ホテルマリナーズコート東京で開催。トラック部会中央委員会の冒頭、山口浩一部会長(交通労連委員長)は「この2年間、ベースアップに努力したが、労働時間が縮んで賃金が下がったという声がたくさん上がっている」と述べ、労使協力体制で克服しなければならないと指摘した。

 

 

 

【JILS】荷主の認知度低く オリ・パラの物流課題、情報共有が必要に

 

初の商談会も開催 10月2~3日 タイと物流政策対話

 

デジタコなど受付開始【国交省】2~3分の1を補助

 

品質とサービス 両方で結果出す【三菱ふそう 林副社長】eCanter 責任持てる規模に

 

最軽量動力付き【UPR】サポートジャケット新製品 1日千円でレンタル

 

東京港渋滞回避を【日本経団連】Society5.0時代の東京 ITで競争力強化

 

国土交通省参事官(物流産業)に就任した 中井智洋氏

「喫緊の課題 倉庫税制と災害物流」

 

 

 

 

【2019年9月24日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri