9月 17日 2019年

全日本トラック協会は、2017年3月に策定した元請け事業者による「適正取引推進のための自主行動計画」を一部改定した。下請け中小企業振興法「振興基準」などの改正を踏まえ、下請け事業者に「残業代や割増賃金など」により配慮を求める内容となっている。

 

 

 

道路貨物運送業、倒産件数が26%増【帝国データ調べ】管理コスト増が圧迫

 

やって欲しいこと【厚労省】トラック長時間改善ポータルサイトを開設

 

労働環境改善の好機【関ト協事業者大会】英知集め輸送の安全確保を

 

明るい職場づくり【カンダHD】現場改善の活動を発表

 

包装アイデア賞受賞【ヤマト包装技研】球根の販路拡大を支援

 

包装改善ダブル受賞【日立物流】梱包・開梱の時間75%削減

 

書面未交付が最多【下請法違反】道路貨物運送業が全体で4番目に多く

 

3万年前の航海プロジェクト【日本通運が協賛】各種輸送をサポート

 

博多・門司発混載サービス開始【K&N】9月26日から提供

 

 

 

 

【2019年9月13日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri