9月 13日 2019年

改正貨物自動車運送事業法(改正貨自法)のうち、規制の適正化、トラック事業者が遵守すべき事項の明確化が11月1日から施行されることが決まり、残るは「標準的な運賃の告示」だけとなった。改正貨自法の実効を期すためにも、標準運賃の意義について、トラック業界全体で意志統一する必要が生じている。

 

 

 

【YHC】17日から単身引越の受注再開 個人顧客向けに新サービス

 

12・13日公募説明会 【SIP スマート物流サービス】

 

選考委員会特別賞に【大塚倉庫】19年度 ロジスティクス大賞

 

15、19年に大幅改定【全ト協】トレーラ 輸送効率化ハンドブック改定

 

輸送量ほぼ変わらず【トラック】18年度 営業用車両数1・7%増

 

10月を強化月間に【各運輸局】事故の未然防止へ

 

年1600時間削減【福岡運輸】会計・財務システム全面刷新へ

 

9月22日に上映会【物流博物館】各地でロケを敢行

 

 

 

 

【2019年9月10日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri