8月 9日 2019年

今年2月に「ASEANスマートコールドチェーン構想」のビジョンおよび戦略を策定した国土交通省の検討会(座長=森隆行流通科学大学教授)は、委員・オブザーバーを増員し、今後も省庁・機関が連携してコールドチェーン物流を促進していく。BtoBを対象にしたコールドチェーン物流サービス規格を今年度中にも策定する。

 

 

 

供給停止を回避へ【国土強靭化】交通ネット確保に2兆円

 

医療・精密物流で提携【NTTロジと新開トランス】相互のノウハウで新たな価値を

 

九州オートモーティブロジ支店MLCⅡ完成【日本通運】自動車物流の拠点に

 

民間参入、指導講習118者に【NASVA】適性診断受診者数は47万人

 

月8400時間短縮【佐川急便など】配送伝票入力を自動化

 

館内物流管理を受託【佐川急便】9月14日開業の熊本の大型商業施設

 

学生向けフォーラム【JILS】11月に全国3会場で

 

飛脚宅配便は1億個で前年同月比0.4%増【SGHD】6月のデリバリー事業

 

ラストワンマイル物流市場規模 18年度は1.8兆円【矢野経済研究所】20年度は2兆300億円予測

 

ドライバー異常時「自動停止システム」指針策定【国土交通省】一般道路版で

 

 

 

 

【2019年8月9日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri