8月 5日 2019年

内閣府は、戦略的イノベーション創造プログラムの1つである「スマート物流サービス」の研究開発計画案を近く承認し、9月頃研究責任者の公募を開始する。国土交通省の瓦林康人公共交通・物流政策審議官は就任会見で「サプライチェーン全体を最適化し、ひいては人手不足と低生産性の課題解決につながる重要なプロジェクト」と位置づけている。

 

 

 

利便向上のチャンス【瓦林公共交通・物流政策審議官】各局とシナジー

 

国内出荷急激に悪化【日通総研短観】それでも運賃は上昇続く

 

元請けが利益循環意識を【運輸労連】商慣行見直しを発信

 

膨れ・皺は出荷可【飲料配送中の毀損】判断基準を明確化

 

19年度は4.1%増の23兆5410億円見込む【矢野経済研究所】物流17業種総市場規模

 

貸切運賃・料金10%値上げ【日本通運】8月2日に国交省に届出

 

タイに初の自社倉庫を竣工【アルプス物流】倉庫面積約2万4000㎡

 

上海子会社が佛山新倉庫を開設【丸運】倉庫面積2240㎡

 

物流機能含む複合用途施設が羽田に竣工【三井不動産】延床面積8万1030㎡

 

 

 

 

【2019年8月2日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri