7月 23日 2019年

「会社四季報2019年夏号」(東洋経済新報社刊)の証券コード「陸運」「倉庫・運輸」に分類される物流企業は、一定の運賃・料金値上げがかない、人を呼び込む労働条件へ改善することができたようだ。そして次のステップといえる自動化やロボット化など、物流効率化への投資に原資を向ける動きが出始めている。

 

 

 

レベル4技術搭載し【日本通運など3社】来月、自動運転実験

 

【特車通行】許可後に新車発注可 台数追加は5日以内

 

働き方のチェックを【全日通 全国大会】期間社員の組織化を強化へ

 

LEVOリース開始【動態管理デジタコ】安価な導入可能に

 

 

 

 

【2019年7月23日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri