7月 12日 2019年

加工食品、紙・パルプに続いて、建設資材分野でも「ホワイト物流推進ガイドライン」づくりに着手した。国土交通省や厚生労働省による建設資材物流における生産性向上およびトラックドライバーの労働時間改善懇談会は、荷待ち発生の原因を洗い出すことと並行して、検品・仕分け作業に「建材物流コード」を導入し、効果を検証する。

 

 

 

検品レス普及を探る【製・配・販フォーラム】キユーピーの事例が大賞に

 

入庫アプリ試験運用【キユーソー流通】首都圏SLC、早期安定化目指す

 

札幌市の倉庫で出荷準備作業の自動化を開始【日本通運】

 

福岡中央ロジスティクスセンターの新棟完成【日本通運】保管・通関・仕立を一体運用

 

医療機器管理にICタグ活用【総合病院】在庫・使用状況を把握

 

スワップボディ含む9件を採択【LEVO】今年度二酸化炭素抑制対策の事業費用を補助

 

大阪で物流センターの自動化導入でセミナー【日通総研】8月1日開催、物流設備投資の考え方を解説

 

 

 

 

【2019年7月12日(金)付】

 

福山通運が管理統轄事業


Filed under: ニュース

Trackback Uri