6月 12日 2019年

ヤマト運輸労働組合は4日・5日の両日、新潟県湯沢町で『新時代~支えあう社会~』をテーマに中央研修会を開催。2日目の第3講演で、4月にヤマト運輸社長に就任した栗栖利蔵氏が『KAIKAKU2019 for NEXT100の完成~「お客様を創り出し、増やす」成長の実現~』と題して講演した。

 

 

 

大賞に山九など4社【物流連】物流環境大賞 25日に表彰式

 

多様な自然環境下で【隊列走行】25日から8カ月間 新東名で公道実証

 

物効法の告示改正へ【国土交通省】タテの連携で商習慣改善

 

【MH協会 フォーラム】伝票は当面、紙と電子のハイブリッド運用に

 

ポートの小型化確認【ドローン】みちびきを活用 物流用途に道開く

 

KIT2で効率配車【日貨協連 全国大会】失敗恐れずチャレンジを

 

倉庫税制 着実な延長を  物流倉庫議連総会で要望

 

 

 

 

【2019年6月11日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri