6月 6日 2019年

総務省の委員会が論点整理した「郵便サービスのあり方」(3月8日)について意見を募集したところ、ヤマト運輸が「ユニバーサルサービスを軽視している」との意見を提出したが、委員会は「郵便サービスの水準は適宜見直しが図られるべきものと整理している」とし、意見がかみ合わない結果となった。

 

 

 

全通関業者が対象に【NACCSセンター】電子保管サービス 通関業連合会と協力

 

初期段階の支援必要【ドローン】商業サービスへ 多頻度輸送や需要開拓

 

医薬品物流を拡大へ【伊藤忠ロジ】中国・泉源堂へ資本参加

 

成約運賃指数130  KIT、4月実績

 

倉庫事業2社を合併【JR貨物】日本運輸倉庫を存続会社に 7月1日付で

 

兜町に複合用途ビル【山種不動産ほか2社】地上15階建て・地下鉄駅直結 23年2月工事完了へ

 

10月16日10会場で【陸災防】8月受付開始 フォークリフト検定

 

【幸洋コーポレーション 水上洋一会長に聞く】埼玉に長期間サブリースで 事業用不動産を提供

 

航空の売上高16・7%増【日通海外事業】東アジアで 米中貿易摩擦懸念

 

ブランド価値向上へ【エスライン 新中計】ネットワークと物流サービス 人材・品質・技術で強化

 

 

 

 

【2019年5月31日(金)付】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri