5月 22日 2019年

経済産業省は、電子商取引に関する市場調査の結果をまとめた。国内・越境ECともに拡大基調は変わっておらず、物流に影響を与えており、宅配事業とEC事業のデータ連携について、関係省庁間で技術・制度面での課題を整理していくことにしている。

 

 

 

9割以上が「宅配ボックス必要」【国交省】第2回 置き配検討会

 

【日本郵便】物流事業が大幅増益に

 

【福山通運】営業利益32・3%増

 

国内外とも販売堅調【トラックメーカー2社】次期 日野減収、いすゞ減益

 

2年間で千台超新設【大型車ます】新東名などで大幅増に

 

一帯一路とELB【運輸総合研究所】6月24日にセミナー

 

【ラストワンマイル協同組合】EC規格外商品向け倉庫シェアリング事業 来年開始

 

【全流協】駐車スペース拡大求める

 

 

 

 

【2019年5月21日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri