5月 15日 2019年

国土交通省は、交通安全環境研究所を中核研究機関として進めてきた第4期「次世代大型車開発・実用化促進プロジェクト」の成果を発表、世界初となるプラグインハイブリッド大型車の燃費・排出ガスの評価装置の開発に必要な試験法を整備するなどの成果を上げた。

 

 

 

基幹拠点を拡大再編【C&Fロジ】新中計 ベトナム事業を拡張

 

19年3月期は増収増益に【KWE】日本発祥ブランドで1兆円企業へ

 

共同出資会社設立へ【日本航空と宏遠グループ】日本発中国向け 越境ECビジネスを支援

 

ゆうパック7・6%増【日本郵便 18年度の郵便小包】ゆうメール0・4%増

 

 

《交通安全特集》

20日まで春の交通安全運動を展開 衝突被害軽減ブレーキを普及

 

 

職務評価導入を支援【厚労省】同一労働同一賃金に向け

 

増収、2ケタの増益【トナミHD】中計利益目標 1年前倒しで達成へ

 

引越売上高 6年連続で1位【サカイ】単体で1千億円目指す

 

大幅な増収増益に【丸和運輸機関】今期売上1千億円見込む

 

 

 

 

【2019年5月14日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri