5月 10日 2019年

環境省は、パリ協定にもとづく成長戦略としての長期戦略案をまとめ、現在意見募集を行っている。戦略案の1つに「物流革命」を掲げ、情報の共有・プラットフォーム化など約10項目の施策を記しているが、今のところ新たな施策は見つかっていない。

 

 

 

 

早期返却呼びかけ【人手不足でパレ化加速】同様の状況は続く

 

売上7088億円【日立物流】SGHDとの統合 数値目標達成が条件

 

売上高は横ばい【アルプス物流】新中計で1200億円目指す

 

発着連携がポイント【共同物流研究会】標準化の検討を支援

 

GOAL 顧客領域を拡大【SGHD新中計】時間外労働月45時間まで抑制へ

 

「役立つ仕事を少しずつ」【星野氏の叙勲を祝う】

 

モラル向上に効果大【エコモ財団】グリーン経営認証 燃費改善は3.2%

 

卸売業が大きく縮小【帝国データ】平成の産業変遷 自動車製造は大幅拡大

 

MaaS実用化に向け協業【三井不動産とMG社】年内に首都圏で実証実験開始

 

 

 

 

【2019年5月10日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri