4月 9日 2019年

全日本トラック協会と国土交通省により設置されていた「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方検討会」は、1年間の検討成果をまとめた。今後、多様な人材が働きやすい環境整備につながるよう車両メーカー、架装メーカー、運送事業者に周知していく。

 

 

 

6300社に協力要請 3省連名【ホワイト物流推進運動】賛同企業を公表 「運び方」見直しを

 

【ヤマト運輸】18年度 宅急便18億個(1・8%減)

 

東名・豊橋PAで 駐車場予約システム 12日開始

 

リフト荷役効率化【センコーと帝人】RFIDを用い在庫管理

 

【物流雑学辞典】第91回 ドライブスルー

 

 

 

 

【2019年4月9日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri