4月 5日 2019年

国土交通省は、海運へのモーダルシフト推進に向け、モーダルシフト船運航情報等一括情報検索システムを今夏に本格運用するほか、海運モーダルシフト大賞制度を新設し、今秋に第1回大賞を選定する。海運モーダルシフト推進協議会で方針を決定した。

 

 

 

民間の活用がポイント【国交省、自治体向けハンドブック】支援物資のラストマイル輸送

 

YLKマレーシア法人と共同出資【JOIN】コールドチェーン物流運営事業に

 

味の素物流を母体に新たに発足【F-LINE】食品・日用品で物流PFづくり

 

国内ロジ事業子会社2社を経営統合【SGHD】物流の融合で事業の効率化を

 

ゆうパック10億7900万個など【日本郵便】2019年度事業計画が認可

 

都市の端末物流対策【日交研】物流シンポジウムを開催

 

新約款届出は60%に【関東運輸局】「一歩前進、さらに周知を」

 

新たな見守りサービスの実証実験を開始【ヤマト運輸、伊丹市、ミマモルメ】集配車両約50台にスマホ搭載

 

アムステルダムに第2倉庫を開設【KWE】欧州のロジ拠点として旺盛な需要

 

 

 

 

【2019年4月5日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri