4月 3日 2019年

総合物流施策大綱(17~20年度)に基づく推進プログラムが昨年1月に関係9省庁により策定。1年余が経過し、全99施策について検証を行うとともに、新たに7施策を追加した。「港湾の完全電子化の推進」「物流・商流データプラットフォームの構築」のほか、昨年関空が被災したことを踏まえ「空港の防災・減災対策」が盛り込まれた。

 

 

 

大手4社が共同輸送 ダブル連結トラックで 物効法に認定

 

総輸送量 0・6ポイント下方修正【日通総研】19年度見通し 中国経済減速響く

 

4月22日の週などに【即位の日】輸送時期分散を要請

 

在庫の再流通を支援【佐川急便】西日本シティ銀行、SynaBizと連携

 

事業者大会に合わせ【日新】10月にITVショー 幕張メッセで

 

経常140億円以上見込む【JR貨物】中計策定 2080億円を投資 5年間

 

横浜港で2つの実証実験 結果報告   ゲート通過時間6割削減 他港への導入支援も

 

着陸誤差は11㌢に【ドローン】ゼンリンデータコム 「みちびき」で実験

 

 

 

 

【2019年4月2日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri