3月 28日 2019年

トラックの隊列走行商業化を目指し、国土交通省に設置された「新しい物流システムに対応した高速道路インフラの活用に関する検討会」は22日の第3回会合で、2月に新東名で実施した実証実験の結果やとりまとめ骨子などを報告したが、委員から長期的視点が必要などの意見が出され、とりまとめ時期を6月頃まで延期することにした。

 

 

 

重量情報伝達 半数に満たず【海コン安全対策会議】運転者への周知必要に

 

3社でPF構築へ【アルフレッサなど】特殊医薬品の流通管理で

 

ロボット点呼要望【経団連】規制改革 e-BL利用可能に

 

新本社屋を竣工 神田三崎町【カンダHD】斬新な気持ちでESG経営

 

防犯ブザーを贈呈【埼ト協】県下の全新入学児童に

 

 

 

 

【2019年3月26日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri