3月 25日 2019年

間もなく2019年3月期決算時期を迎える。「会社四季報2019年春号」(東洋経済新報社刊)の証券コードが「陸運」「倉庫・運輸」に分類される物流企業106社は、人手不足によるドライバーの待遇改善や、外注費増によるコストアップを運賃是正によって吸収することができており、「海外強化」「M&A」「働き方改革」をキーワードとした中長期的な戦略を打ち出す企業が増えている。

 

 

 

華北~華南を網羅【保利佐川物流】鉄道輸送サービスを開始

 

ロジ人財を育成【サッポロHD】人づくり大学を開校

 

新ソリューション提供開始【YLK】関税率変化への対応等物流課題の解決へ

 

ピッキングを効率化【佐川GL】経路案内ソリューションを導入

 

SR活用の事例を紹介【データ・テック】手間かけず安全運転指導

 

チャイナ・ランド・ブリッジを活用【中欧鉄道利用促進シンポ】遅延に補償特約

 

営業本部に「特装車両部」新設【日本ロジテム】営業体制を強化

 

ミャンマーに事務所開設【住友倉庫】顧客サポートを強化

 

 

 

 

【2019年3月22日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri