3月 25日 2019年

2019春季生活闘争は、14~15日にかけて大手組合のヤマ場を迎え、運輸労連大手14組合中10組合で解決した。賃金引き上げは6組合、夏期一時金も6組合が前年実績を上回った。この流れを4月中旬にヤマ場を迎える中小組合に波及できるかがカギを握る。

 

 

 

 

3万5千キロを指定へ【重要物流道路】40ft背高、8割で特車許可不要に

 

短納期発注はダメ【働き方改革】3省庁が発注企業に要請

 

企業賞「準大賞」に【SGHD】ダイバーシティ先進企業で

 

3棟とも満床稼働【GLP】流山プロジェクト総面積32万㎡

 

環境負荷低減へ提案【日本ミシュラン】5月からサポートプログラム展開
キーワードは”開発”【福田泰久センコーGHD社長】人々の生活を支援する企業に

 

マレーシアのペナンに営業拠点【アルプス物流】生産拠点の集積にに期待

 

しまなみ海道手ぶら当日便の実証実験開始【尾道市とヤマト運輸】訪日外国人にも

 

 

 

 

【2019年3月19日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri