3月 1日 2019年

日本通運は、2019年度から5カ年間の「日通グループ経営計画2023」を策定した。新経営計画は、2037年の創立100周年に向けた新たな長期ビジョンを描くことから出発。イノベーションで企業のあり方・考え方を根本から革新する長期ビジョン実現に向けて「まず5年間で余すことなくやり遂げる」(齋藤充社長)決意を表明した。

 

 

 

長尾氏が社長に昇格【ヤマトHD】次の100年へ トップギヤで入る

 

【名古屋税関】自動車部分品など特集 現地生産化で輸出伸長

 

【国土交通省】全国でSOx規制説明会

 

福岡エリア 営業テコ入れへ【押入れ産業】シェアリング事業で差別化

 

【物流雑学辞典】第89回 BCPガイドライン

 

 

 

 

【2019年2月26日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri