2月 15日 2019年

全日本トラック協会がまとめた昨年10~12月期の景況感によると、雇用状況(労働力の不足感)の指数が96.4まで上昇、次期(1~3月期)は108.0となり、100を超える見通しだが、採用状況の指数はマイナスが続いており、今後もやや水準を下げる見込み。

 

 

 

翌々日配送展開、キユーピー【共同物流研究会】荷主間連携を議論

 

情報共有の実証開始【経済産業省】電子タグ用い日立物流が物流協力

 

長時間労働改善へ【国土交通省】全国でガイドライン周知

 

納入期日見直しへ【中小企業庁】働き方改革、親会社のしわ寄せも

 

ロボットアーム積付【日本郵便】12秒から8秒に短縮

 

集合研修67回に、教育研修を強化【日倉協】災害協定、45都道府県と締結

 

働き方改革、実感は3割【日本能率協会・調査】ムダな業務・会議い減らない

 

WebKIT2を紹介【日貨協連】全国で操作説明会を開催

 

大阪北摂に物流センター開設【NTTロジスコ】延床面積3万253㎡、1日稼働

 

シンガポールでハラール認証を取得【三井倉庫】倉庫の一部を専用スペースに

 

 

 

 

【2019年2月15日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri