2月 5日 2019年

主要物流各社の2019年3月期第3四半期連結決算が発表され、ごく一部の企業を除き増収増益、しかもかなりの企業が売上高の伸びに比べ(営業)利益の伸びが高い(2ケタ増)。通期予想を上方修正する企業も相次ぎ、日本通運、ヤマトホールディングス、SGホールディングスの大手3社は中間決算に引き続いて上方修正を行った。

 

 

 

策定後、ニーズ調査【スワップボディ】相互利用へガイドライン

 

死傷者数が大幅増【陸運業 昨年の労災発生】死亡者数は22%減少

 

男性社員も参加を【ニチレイロジG】第6回ロジ女フォーラム

 

【ユニ・チャーム、資生堂、ライオン】店頭販促物の物流を統合、5月から共同配送を開始

 

後続無人は22年実現【トラック隊列走行】専用レーンを今後検討

 

新人事賃金制度 総団結で対応【JR貨物労組】2年連続のベア実現へ

 

【NCA】再発防止策を柱とする調査報告書を受領

 

極低温一貫サービス開始【三井倉庫HD】関西地区に拠点開設

 

 

 

 

【2019年2月5日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri