2月 1日 2019年

国土交通省は1月30日、自動車運送事業の「ホワイト経営の見える化検討会」の第3回(最終)会合を開き、認証項目や認証基準などを議論した。認証制度の名称などで意見が出され、今後事業者アンケートなどを行った上で4月をメドに報告書を公表し、認証実施団体を公募・選定。2019年度内を目標に認証制度を開始する。

 

 

 

賃金水準確立に向け【運輸労連】春闘方針、踏み込んだ協議を要請

 

NITTSU浦和ボールパーク竣工【日本通運】野球漬けになって優勝を

 

国内出荷、1~3月は低下【日通総研短観】運賃の上昇圧力は一段と

 

新シェアリングサービス開始【ラクスル】複数の企業ドライバーが案件情報を共有

 

一体型サービスを推進【国交省】日本型Maas、共通基盤の実現へ

 

運転時間90%削減【佐川急便など3社】物効法に認定、関東→九州モーダルシフト

 

鳥井三井倉庫ロジ社長【三井倉庫HD】増田トランスポート社長

 

ダブル連結トラック本格導入へ【国交省】1月29日、特殊車両通行許可基準を緩和

 

 

 

 

【2019年2月1日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri