1月 29日 2019年

交通労連トラック部会は23日、第2回中央委員会を都内で開催し、2019春季生活闘争方針を決定した。賃金引き上げ要求は前年同様1万1千円以上だが、山口浩一委員長(部会長)は「中身が変わってきている。1万1千円にこだわらず、底上げにどう取り組むかを視点に置いても構わない」と述べ、柔軟な発想で取り組んで欲しいと要請した。

 

 

 

医薬品の輸入25%増【成田空港】半導体等製造装置、3年連続輸出1位

 

YHCに行政処分【国交省】家族向け引越サービス再開、来期以降の見込み

 

約款の告示案提示【国交省】商法改正に伴い改正、4月1日施行

 

労働生産性は2.6倍【JPR】パレット出荷、時間削減率は約75%

 

BCP訓練を実施【SGHグローバル】2次元シュミレーションで

 

3月中に対面通行規制解除【関空連絡橋】完全復旧はゴールデンウィークまで

 

AI技術を活用した新運営システム完成【レンゴー】八潮流通センターに導入

 

 

 

 

【2019年1月25日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri