1月 10日 2019年

新年にあたり、石井啓一国土交通大臣は抱負を述べ、トラックの隊列走行に対応した新たな物流システムを実現するためのインフラ整備やその活用策について、具体的な検討を進めていくことを明らかにした。

 

 

 

総輸送量0・4%増【日通総研 19年度見通し】消費増税影響もプラス

 

【2019年度物流関係予算】

 

《年頭あいさつ》

☆全国通運連盟 渡邉健二会長「認知度向上が重要」

☆日本物流団体連合会 田村修二会長「変化を力に変える」

☆国土交通省 松本年弘 物流審議官「強い物流の実現へ」

☆全日本トラック協会 坂本克己会長「業界の健全な発展を」

 

車間・車線維持確認【国交省第5回自動運転戦略本部】隊列実験結果報告

 

物流 大競争の幕開けへ【デロイトトーマツ】モビリティ高度化で

 

対話型利用が拡大【AI市場規模】2020年には8倍に 17年比

 

物流コスト4・95%【JILS】値上げ要請95%が応じた

 

自社で1列車編成【日本通運】中国→ドイツ ブロックトレイン運行

 

 

 

 

【2019年1月8日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri