1月 8日 2019年

2018年度第2次補正予算と19年度予算の政府案が21日に決定した。補正予算は、今年度末で期限が切れる高速道路の大口・多頻度割引の最大割引率(50%)が20年3月末まで再び1年間延長されることになった。このほか、中小トラック事業者に対するテールゲートリフター導入補助が2年連続で計上された。

 

 

 

成熟度、象徴的に【17年度貨物輸送量】全輸送機関微増減

 

来年 パレット化で実験【加工食品】労働時間改善懇談会 荷役の削減を検証

 

1月27日に上映会【物流博物館】60年前の政府米輸送紹介

 

働き方改革の1年【物流業界 今年の10大ニュース】自然災害多発は第2位に

 

バース待機時間など解消へ【福岡運輸HD】時短に向けシステム開発・拡大

 

 

 

 

【2018年12月25日(火)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri