12月 21日 2018年

災害による被害が頻発している状況から、政府の重要インフラ緊急点検結果を受け、「防災・減災、国土強靭化のための3カ年緊急対策」が閣議決定した。物流に関し、災害発生後に速やかに代替輸送が機能するよう、企業連携型BCPの策定や、交通網が利用できない事態を想定した物流の時間調整を行う体制整備を求めている。

 

 

 

出荷準備を自動化【日本通運】AGFとオートレーターで

 

JPロジを子会社化【ハマキョウレックス】百貨店物流を強化

 

通知で届出増加【関東運輸局】トラック運送約款54%に

 

大阪支店事務所ビル竣工【日本通運】機能的なレイアウトに

 

庫内作業のシェアリング【TRONSHOW】投資リスクを分散

 

2018年度上期の国際複合輸送貨物取扱実績【JIFFA】輸出入合計6千350万トン(10.0%増)

 

シンガポールでCCPLと合弁会社設立【国分グループ本社】

 

和歌山市に新倉庫建設【日本通運】来年9月開業へ

 

 

 

 

【2018年12月21日(金)付】

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri