12月 18日 2018年

「ホワイト物流」推進運動の母体となるホワイト物流推進会議の初会合が14日、官邸で自動車運送事業の働き方改革関係省庁連絡会議と共同開催され、運動の趣旨と推進方針を決定した。今後、来年1~2月をメドにトラック輸送の取引環境・労働時間改善中央協議会で企業や国民への詳細な呼びかけ内容を決定し、年度内に賛同企業の募集を開始する。

 

 

 

営自格差を堅持 環境性能割【来年度税制改正】中小投資促進税延長

 

労働力不足に焦点【プレ国際物流総合展】20年2月に開催へ

 

鴻池運輸が第1号【JR貨物】東京レールゲートWEST 賃貸予約契約で

 

課題の共有・抽出へ【紙・パルプ】労働時間改善懇談会が初会合

 

健康起因事故防止で【全ト協】OCHISがセミナー 来年1~3月

 

全員参加で障害訓練【NACCSセンター】安定運用の日に

 

次世代デポを竣工【JPR】生産能力2・5倍を実現

 

年明けにサービス展開【郵船ロジ】重量物の積荷特許取得

 

業界活動は今後も【東ト協】星野良三氏 旭日重光章祝賀会

 

【JR貨物】前年並みの水準に 12月

 

 

 

 

【2018年12月18日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri