12月 7日 2018年

ダブル連結トラック(長さ25m)を本格導入するため、社会資本整備審議会道路分科会物流小委員会は11月30日、特殊車両通行許可の要件を審議。導入区間は新東名・海老名~豊田東が50%以上となる経路とし、運転者は最低12時間の実技訓練を行うことなどを了承した。今後、車両制限令を改正し、来年3月までに実現を目指す。

 

 

 

小規模の健闘顕著【運輸労連】年末一時金、前年を10%上回る

 

一般19カ月ぶりに減【9月のトラック輸送】天候不順が影響

 

倉庫・工場内でのフォークリフトの稼働状況可視化【日通総研とゼンリンデータコム】

 

京浜支社が社長賞【富士物流】改善事例発表会、心理学用い工数削減

 

エコドライブのメリットを開設【エコモ財団】シンポジウム開く

 

優勝は秦選手(関西支社代表)【JR貨物】第3回全国荷役作業競技会

 

スマート点呼開発【YAW】運送事業者向けに

 

WEB予約商品を宿泊先で受け取り【YSDと日本ホテル】訪日外国人向けサービスで実証実験

 

次世代ロジ事業構築で業務提携【シーオスとパナソニック】新たな価値創出を目指す

 

 

 

 

【2018年12月4日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri