11月 13日 2018年

2年間のパイロット事業で得られた知見をもとに、国土交通省は「トラックドライバーの長時間労働改善ガイドライン」を公表。荷主とトラック運送事業者の協力による予約受付システムの導入や発注量の平準化など13の対応例を示した。

 

 

 

災害にも強い鉄道に【丸運】中間決算、「通運以外が健闘」荒木社長

 

SOx規制、混合安定性を要望【海運業界】低硫黄C重油、燃焼試験実施段階

 

コンテナ輸送品質向上キャンペーン【JR貨物】キックオフ

 

総面積18万㎡船橋に計画【三井不動産】ロジ事業33施設に拡大

 

超酸素水用い実証【全農など】生鮮品輸出プロジェクトを開始

 

ブランド初のDC【ESR】久喜に埼玉県最大級の15万㎡

 

労働時間管理促進へ【国交省】年度末に向け冊子策定に着手

 

日本橋に手ぶら観光サービス拠点開設【佐川急便】

 

 

 

【2018年11月9日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri