10月 2日 2018年

第9回トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会と第8回トラック運送業の生産性向上協議会合同会議が9月27日に開催され、2年間取り組んだパイロット事業の成果となるガイドライン案を報告した。今後、ガイドラインをもとに荷主団体へ説明会、トラック事業者・荷主企業を対象としたセミナーを開催する。

 

 

 

ラウンドユース強化【日本通運】吉田運送と提携 北関東インランドデポ運用開始

 

タイの物流企業買収【センコー】国際フォワーディング事業強化へ

 

早期回復へ支援を【日倉協】台風21号 国交省に緊急措置要望

 

【物流システム機器 出荷統計】17年度 売上金額4626億円   ほぼ横ばいも、引き続き高い数値に

 

米国子会社 生産能力増強【ダイフク】新工場建設し生産性向上

 

【日本倉庫協会】実践的な手法を習得 第3四半期研修開催計画

 

【ヨコレイ】事故ゼロの職場環境へ

 

八洲陸運の全株取得【福岡運輸HD】定温拠点は全国35カ所に

 

地球SP(ストックポイント)を担う【ネスレ日本と佐川急便】MACHI ECO便開始

 

【ヤマト運輸】東北地域の中核施設 宮城物流ターミナルが稼働

 

 

 

 

【2018年10月2日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri