10月 1日 2018年

厚生労働省は「平成29年版働く女性の実情」を公表し、女性活躍推進法にもとづく取り組み状況をまとめた。採用した労働者に占める女性労働者の割合は、平均39.8%に対して運輸・郵便業は21.7%だが、10年間の雇用継続割合は男女ともに平均を大きく上回っている。

 

 

 

 

最終局面迎えた制度改革【全日通中央委】一体感のある制度へ

 

トラック運賃上昇基調一段と【日通総研改定見通し】鉄道5ポイントの下方修正

 

10月、全国4地域で講演会など開催【JILSロジ強調月間】ロジスティクスKPIのパネルセッションも

 

認証項目数を追加【ホワイト経営見える化】年内に報告書作成

 

トラックフェス開催【東ト協】社会的役割の理解深める

 

スマホで動態管理【パスコとナビタイムジャパンが業務提携】配送計画とカーナビ連携

 

 

 

 

【2018年9月28日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri