9月 20日 2018年

環境省は、気候変動の影響への適応計画の2017年度施策フォローアップ結果をまとめた。物流関係は5つの施策が設定されており、一部を除き施策の進行が確認された。適応計画は2015年11月閣議決定し、5年程度をメドに気候変動影響評価を行い、必要に応じて計画の見直しを行うことが明記されている。

 

 

 

8月実績 コンテナ27%減【JR貨物】真貝社長 基幹線の強靱化図る

 

ビジネスモデルの抜本的な改革を【ヤマト労組 定期大会】5年後適用は偏見 時間外労働の上限規制

 

新東名 浜松に中継拠点【遠州トラックと中日本高速】利用企業を募集

 

【日本通運 取締役常務執行役員 佐久間文彦氏 インタビュー】

作業差益率を高める仕事をすることが役割  日通の持ち味を生かした引越商品づくりへ

 

【経団連調査】ロシアビジネスは有望だが・・・  手続き、出荷能力に課題

 

【日通のシンガポール現法】インドネシアに駐在員事務所開設

 

物流は19兆円を維持【産業連関表】国内総供給 増税で3年ぶり減

 

特車許可ルート表示【鴻池運輸とナビタイム】ナビを共同開発

 

【物流雑学辞典】第80回 フルフィルメントサービス

 

 

 

 

【2018年9月18日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri