9月 19日 2018年

環境省は、改正省エネ法に基づき、特定貨物輸送事業者(車両200台以上保有)および特定荷主(年間3000万トンキロ以上の貨物輸送を委託)の2015年度温室効果ガス(CO2換算)排出量をまとめた。特定貨物輸送事業者(388社)の排出量は1125万トン(前年度比0.2%減)で2年連続の減少、特定荷主(828社)は1521万5000トン(同1.4%減)で同じく2年連続の減少となった。

 

 

 

 

相互の連携と知恵を【関ト協事業者大会】業界内外に向け声を発信

 

BCP使えるように【国土交通省】森事務次官「災害復旧が大きな使命」

 

コールドチェーン、タイで規格案策定【グリーン物流会議】マレーシアで発足

 

東京ビッグサイトで11日から開幕【国際物流総合展】最高レベルのソリューションが一堂に

 

川崎サテライト新建屋竣工【日通商事】国内自社施設の中で最大規模

 

宅配42億個、微増【国土交通省】2017年度、メール便は52億冊で微減

 

6つの課題解決へ【国土交通省】シベリア鉄道利用、パイロット事業開始

 

大田市場の物流機能を強化【太田花き】新施設で効率アップ

 

 

 

 

 

【2018年9月14日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri