9月 5日 2018年

2019年度予算のうち、国土交通省の概算要求が29日の与党国土交通関係会議で決定した。18年度予算より2割増のシーリング(要求基準)に沿って要求額を設定している。物流分野は、働き方改革および生産性向上をより充実させる施策が中心となっている。

 

 

 

航空貨物輸出が好調【日本通運】第1四半期海外会社は増収減益

 

30日から配信開始【ETC2.0】車両運行管理を支援

 

業界の地位向上へ【労連東京定期大会】労働環境改善に注力

 

秩父など5地域選定【ドローン】配送の費用対効果を検証

 

トラック荷室用雨よけタープ発売【セブンエイト流通】都振興公社支援事業活用

 

人手不足解消テーマに【JL連合会】理事長研修会

 

 

 

 

 

【2018年8月31日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri