9月 4日 2018年

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業として、「国内消費財サプライチェーン情報共有システムの開発」および「ブロックチェーン活用輸出手続き情報共有基盤の開発」に着手する。委託先として、前者は大日本印刷、後者はNTTデータを採択。今年度中に構築する。

 

 

 

28日から迂回開始【JR貨物】岡山~幡生間17時間半

 

【福山通運】リトアニアの物流会社と業務提携

 

運賃・料金改定 忍耐強く支援を【関東運輸局】掛江新局長 物効法の発掘に注力

 

非日系向け営業強化【鴻池運輸】香港の航空フォワーダー買収

 

オープンロジを採択【JETRO】中小の海外展開支援で

 

 

 

 

【2018年8月28日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri