8月 8日 2018年

内閣府が事務局を務める戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の研究課題「スマート物流サービス」の実現を目指し、同事業の管理法人である港湾航空技術研究所は、「モノの動きの見える化技術」など3つの研究開発テーマの研究期間の公募を開始した。10日に説明会を開き、9月7日まで募集、9月下旬に決定する。

 

 

 

昨年 拘束時間、月320時間も 改善基準告示違反69%

 

山陰線への迂回検討【JR貨物 JR西日本】伯備・山口線経由で

 

東京港経由でも開始【サントリーHD】CRUの取り組み拡大

 

航続距離480㌔㍍に【トヨタ北米事業体】大型FCトラックを改良

 

後軸タイヤを1本に【日本ミシュラン】新リトレッドタイヤ販売

 

ドラレコなど補助【事故防止対策支援】申請受付を開始

 

運賃上昇圧力一段と【日通総研短観】豪雨で鉄道コンテナがマイナス

 

 

 

 

【2018年8月7日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri