8月 3日 2018年

国土交通省は27日、JR北海道に対して経営改善に向けた取り組みを着実に進めるよう監督命令を行い、藤井直樹鉄道局長から島田修社長に命令書を手渡した。国からは、来年度から2年間に総額400億円台の支援を行い、貨物列車の運行に必要な設備投資・修繕などに充てる。

 

 

 

産別回り理解求める【運輸労連】適正運賃料金収受 大手の役割も重要に

 

中国の合弁会社が新社名で本格営業開始【日本郵船 郵船ロジ】自動車関連物流を強化

 

EECに多機能倉庫【日本通運】タイ最大規模の工業団地内

 

勤務間インターバルを周知【厚労省】過労死防止大綱に追加

 

【物流雑学辞典】第78回 エリアマネジメント

 

 

 

 

【2018年7月31日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri