7月 17日 2018年

3日以降に発生した平成30年7月豪雨の影響は西日本の広範囲に広がり、物流インフラが至るところで寸断されている。迂回によって、長時間の輸送を余儀なくされているケースも多い。被災自治体からの要請に基づき、府県トラック協会を中心に緊急物資輸送が実施されている。

 

 

 

長期保管施設助成を【北経連】輸送能力低下懸念し提言

 

宅配37カ月ぶり減【4月のトラック輸送情報】一般は14カ月連続増に

 

道路貨物運が最多【帝国データ】人手不足倒産、定着率高める必要も

 

対象をVC全体に【日本郵便】オープンイノベーション募集開始

 

長期経営ビジョンV2025達成へ【阪急阪神クスプレス・谷村和宏社長】方針を着実に実行、深化

 

安い料金体系で宅配市場へ参入【ラストワンマイル協同組合】荷主が仕分けを分担

 

 

 

 

【2018年7月13日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri