6月 12日 2018年

物流事業者が〝うまいもの〟を作り、販売する事業に乗り出すケースが、大手のみならず中小にも広がってきた。完熟マンゴー、手づくりハム、ご当地カレー、コメなど商品はさまざま。これまで「本業の物流事業のプラスになるもの」という考え方での物販が多かったが、ラストワンマイルは宅配業者に任せて、品質にこだわった商品づくりに力を注ぐコンセプトで売り上げを伸ばしている。

 

 

 

越境ECを強化へ【カンダHD】働き方改革を社内に発信

 

インドMシフト 鴻池運輸・JR貨物【経産省】海外展開 可能性調査に採択

 

スマートロジ推進へ課題整理【経団連提言】Society5.0 物流を重要分野に

 

貨客混載輸送を許可【近運局】旅客事業者では全国初

 

物流技術生かされず【農水産物】輸出戦略実行委 商流確保が課題に

 

【7月 夏期労災防止強調運動】荷物のロープ 気持ちのロープ どちらも締めて安全作業

 

佐川GLを講師に ラオスで物流講義

 

流経大 推薦入試要領発表

 

先進技術を見据え【日野自動車】新会社設立 新しい物流を提案

 

新約款の申請増を【全ト協理事会】働き方改革の議論深める

 

安全・改革・貢献【大ト協】辻会長らを再任

 

 

 

 

【2018年6月12日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri