6月 5日 2018年

運輸総合研究所が5月29日に開催した第124回運輸政策コロキウムは「北海道発着鉄道貨物の行方」をテーマに、JR北海道が公表した単独維持困難線区および北海道新幹線の札幌延伸に伴う並行在来線問題を取り上げた。会場からは、貨物新幹線(トレイン・オン・トレイン)の実現を待望する声が多くを占めた。

 

 

 

館内集配で初認定【物効法】コラボデリバリーと西濃運輸 仕分けにも工夫

 

航続1000㌔以上を検証【佐川急便とトナミ運輸】大型LNGトラック出発

 

自動点呼機開発など【国土交通省】技術開発研究に2件採択

 

【働き方改革 政府行動計画】スワップボディ 導入ガイドライン制定へ  第二種免許 受検資格見直しを検討

 

【JIFFA】2017年度下期の国際複合輸送貨物取扱実績

輸出入合計5797万㌧(1・8%減)  前年割れも、過去2番目の実績に

 

3年前の水準 インタンク価格【軽油】現金は130円台目前

 

 

 

 

【2018年6月5日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri