5月 29日 2018年

自民党物流倉庫振興議員連盟(望月義夫会長)は第8回総会を23日に党本部で開き、2019年度予算編成・税制改正要望を日本倉庫協会、日本冷蔵倉庫協会から聴取した。その後、議員から意見・要望があり、国土交通省の重田雅史物流審議官らが回答したが、農水省、文科省、道路局、地方自治体などへ働きかけるものがほとんどであった。

 

 

 

4千人の雇用を創出【三井不動産】ロジパーク船橋を構想

 

技術革新へ支援拡大【DBJ】グローバルロジスティクス室新設

 

会員初年度3千社目標【矢崎エナジー】トラボックスなど3社協業、タイで求荷求車サービス

 

新社長に真貝氏【JR貨物】6月21日付

 

6月にアンケート【全ト協・国交省】女性が運転しやすいトラック開発に向け

 

地域間流動量は90万トン【航空貨物】着、上位5地域で92%

 

オマーンの物流事業者と代理店契約締結【商船三井ロジスティクス】

 

顔画像から状況推定し音声警告【日野が取扱開始】

 

複数3PLとの協働などを発表【JILS】改善事例大会

 

 

 

 

【2018年5月25日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri