5月 24日 2018年

主要物流企業27社の2018年3月期連結決算は、全社が増収、23社が営業増益となった。特に営業利益は27社計で前期比11・8%の伸長。19年3月期見通しも、売上高3・7%増に対して営業利益は10・3%の2年連続2ケタ伸長を予測している。

 

 

 

ドライバーは国の宝【全ト協】創立70周年記念式典

 

次世代物流サービス提供へ【日立物流】DNPなどと協業 RFIDデータ活用

 

【JR貨物】新年度、計画値も上回る

 

【日本郵便 17年度の郵便小包】ゆうパック25・6%増、ゆうメール4%増

 

【JAFA 17年度の航空貨物取扱実績】 輸出混載116万5372㌧、輸入通関245万1919件

 

基幹物流4センターを稼働【大王製紙】フォーク荷役も開始

 

【西濃運輸】3・7万㎡の敷地に 静岡支店を新築移転

 

カイゼン事例を紹介【日本物流資格士会】第1回ロジセミナー

 

実証事業を公募 6月5日まで【国土交通省】シベリア鉄道利用促進へ

 

【日本通運 Sea/Air&Rail】中欧間複合一貫輸送を日本まで延伸

 

後付け安全装置発売【デンソー】新車に加え、規販の大型車に

 

 

 

 

【2018年5月18日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri