4月 17日 2018年

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は、2017年度物流コスト調査の結果を公表した。有効回答企業219社の売上高物流コスト比率の単純平均は4.66%。12年度以降5%弱の水準で推移したが、昨年度は労働力不足を理由に0.34ポイント上昇し4.97%となったものの、今回再び減少に転じ、以前の水準に戻った。

 

 

 

 

NZ物流企業を買収【西鉄】国際物流拠点、27カ国・地域109都市に

 

大阪支店竣工【ランテック】免震構造の冷凍立体自動倉庫も

 

西濃施設に機能集約【阪急阪神エクスプレス】成田カーゴターミナル移転

 

事前確認制度を新設【国土交通省】倉庫の設備基準緩和へ

 

女性採用比率が上昇【物流企業】新卒社員数は微増

 

ベトナムFLC稼働【センコー】輸出入貨物にも対応

 

ダナンに自社倉庫【郵船ロジベトナム】中部では日系企業初

 

 

 

【2018年4月13日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri