4月 11日 2018年

農林水産省は、食品産業戦略を公表し、今後のビジョンや戦略の方向性をまとめた。物流戦略についても言及、食品物流の99%を占めるトラック輸送の人手不足の中、安定的な物流を持続するには業種をまたがり社会インフラとして共同配送を推進すべきとしている。

 

 

 

拘束時間違反など強化【国土交通省】7月から 行政処分を引き上げ

 

パレット受払いを電子化【JPR】現場完結の仕組み導入

 

宅急便18億3668万個【ヤマト運輸】17年度 3年ぶりの前年割れに

 

【日本郵便 事業計画】ゆうパック9億5100万個、ゆうメール 36億個超目指す

 

【春の全国交通安全運動特集】(2面~)

 

合分流方法検討へ【隊列走行】自動運転戦略本部 車線数減少が課題

 

【日本通運 5月1日付 役員人事】(4面)

 

 

 

 

【2018年4月10日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri