4月 10日 2018年

「会社四季報2018年春号」(東洋経済新報社刊)の証券コードで「陸運」「倉庫・運輸」に分類される物流企業105社のうち、増益は約半数。17年3月期は7割の企業が増益だったが、18年3月期はドライバー不足による待遇改善、傭車費と環境対策費などのコスト増が響き、利益面では足踏みしているところが多い。

 

 

 

 

グループ内部体制を強固に【JR貨物グループ社長会議】意識変え取り組む

 

共同でモーダルシフト【ビール4社】大阪・岡山~福岡で大型トラック2400台分

 

生産性革命で官民連携強化を【物流連】引越しのピークずらしを要請

 

職育近接で雇用拡大【大和ハウス】DPL流山Ⅰ竣工、最新技術の提案も

 

「クラウドロジ」提供【スタークス】配送コストと再配達削減

 

6千㎡のハイフォン倉庫2期が稼働【郵船ロジベトナム法人】顧客の旺盛な需要に対応

 

手ぶら観光事業「nest」1号店開設【南海電鉄とヤマト運輸】1個1日税込み700円

 

AI物流ロボット導入【アルペン】EC拠点を千葉県印西市に移転

 

 

 

 

 

【2018年4月6日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri